帰りも早着

国内線の乗り継ぎも早い便に変更出来たので、予定より1時間半早く伊丹に帰り着く。

デリー市内観光2

最終日は完全フリーツアーで、モスクの尖塔に登った後、天体観測所や階段井戸、古城などを訪れる。

アグラ日帰り

デリーから片道4時間掛けてアグラに行って、タージ・マハルとアグラ城を見学。白い大理石の建物は、ただただ美しいという言葉以外ない。

デリー市内観光

ジャマー・マスジット、ラクシュミ・ナラヤン寺院、フマユーン廟、クトゥブ・ミナールなどを訪れる。晴れていてもずっと霞んでいたけど、それほど暑くはなかった。

成田乗り継ぎ

伊丹を朝早く経って、成田で8時間乗り継ぎ待ち。屋上デッキで海外航空会社の機体を眺めてから、ラウンジで待機。目的地のデリーには1時間以上早く到着。

鬼帝女の涙

「忘却城」の続編。シリーズタイトルとなっている「忘却城」は、直接の舞台として一度も登場していなかったりして。 忘却城 鬼帝女の涙 (創元推理文庫) 作者: 鈴森琴 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2019/07/11 メディア: 文庫 この商品を含むブログを…

新観光列車

JR九州が「ななつ星」よりも手頃な料金の観光列車(寝台なし)を投入。これなら乗る機会はあるかな。

iモード終了

DoCoMoのiモードが、FOMAとあわせて2026年3月にサービス終了。ついに年限が名言された。

和風タイトル

「やすらぎの刻〜道」に新主題歌2曲を書き下ろし。タイトルが「終り初物」と「観音橋」とかなり和風。

マリアージュ19

梅田に買い物に行ったついでに、最新刊を入手。今回から日本ワインがテーマ。 マリアージュ?神の雫 最終章?(19) (モーニングコミックス) 作者: 亜樹直 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/10/23 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

登山禁止

オーストラリアのウルル(エアーズロック)が今日から登山禁止に。登山者が訪問客の2割を下回るという条件だったらしい。

終電前倒し?

JR西日本の近畿エリアで、30分前倒しを検討。環状線内回りの終電が日付が変わる前になるのか。

サンテステフ

今夜のワインは、St. Estephe de Calon Ségur(ACサンテステフ)の2015年。サンテステフにあるシャトーがサンテステフを名乗るとはこれ如何に?

なにわ筋連絡線

新大阪連絡線とあわせて、新大阪−十三−北梅田が繋がればとても便利になるけど、果たして開業するのはいつになることやら。

野底岳登山

石垣島北部にある野底岳(マーペー)に登って、360度の景色を見渡した後、船越(ふなくやー)に立ち寄ってから空港入り。

ナーラの滝

西表島西部の白浜港からシーカヤックに乗ってナーラ川を遡った後、ナーラの滝までトレッキング。海辺は風が強かったものの、晴れて暑すぎないカヤック日和。

サビチ鍾乳洞

天気があまり良くなかったので、路線バスで石垣島北部のサビチ鍾乳洞を訪れる。夜はナイトツアーに参加して、バンナ公園へ。

竹富島散策

昼前に八重山入りして、午後は竹富島へ。港から集落を抜けて、島の北側を半周。曇っていたので暑くはなかった。

沖縄難読地名

漢字が充てられた当時、保栄茂(びん)は「ぼえも」で、勢理客(じっちゃく)は「ぜりきゃく」と発音していたんだね。

ソノマコースト

La Cremaのシャルドネ2016年。新世界らしく、しっかりした味わい。

ウィーン・ミュージアム

先日の「ウィーン・モダン」は改装中のウィーン・ミュージアムの所蔵品が中心だったが、美術史美術館とは別の美術館であることを今頃知る。

みくに龍翔館

5年前に訪れた「みくに龍翔館」の設計が、「だまし絵」で知られるエッシャーの父であることを今頃知る。

連休最終日

昼食と買い物のため駅前に出掛けた以外は、ずっと家で過ごす。ラジオ番組の消化と睡眠不足の解消は出来たけど、写真の整理は手付かず。

ウィーン・モダン

梅田に出てロンティーで昼食を取った後、散髪を済ませてから国立国際美術館へ。チケットは殆ど待たずに買えた。

嵐の中の家籠り

事前に買い出しを済ませておいたので、一日中家に籠って過ごす。念のため貯めておいた風呂の水は、夜に沸かして使う。

抽選結果

弱気の平日狙いが奏効したようで、「なみふく」「でじなみ」とも第1希望で当選。相変わらず表示される第2希望の「落選」にちょっとドキッとしたけど。

嵐の前の買出し

土曜日は関西も天気が荒れるようなので、平日のうちに買い物を済ませておこうということで、とりあえず米やシリアルなどを購入。

キャッシュレス還元3

試しに「Suicaで」と言ってみたところ、関西のコンビニでも問題なく通じた。もしかしたら「はやかけん」や「manaca」あたりは難しいかもしれないけれど。

ワイン教室7回目

今回のテーマは世界のシャルドネということで、同じ品種でイタリア、スペイン、フランス、ニュージーランド、アルゼンチンの5カ国。

進路変更

最初は九州方面に向かうと予想されていた台風の進路が、近畿の方になったかと思えば、さらに東寄りになって関東方面になっている。